問題集のやり方

基本的な問題集の進め方

 

【一周目】

1.何も見ずに問題を解いてみる

2.分からない場合は5分考える

3.考えても解法を思いつかない場合は問題番号等の横に×をつけて、解説を読む(その時自分がつまずいた所や知らなかった所をマーカーしておくと良い)

※解説を読んでも理解ができない場合→ビクセスの先生に質問する

4.解説を理解した後、また何も見ずに問題を解いてみて解答解説の再現を試みる(3.が終了してからすぐは、頭に解法が残っていて解けてしまうので、1.~3.のプロセスを何問かやってから4.をやると良い)

5.再現できなかった場合は解説を書き写す

※ここでもしっくりこない所があればビクセスの先生に質問する

 

【二周目】

1.×のついた問題を解いてみる

2.分からない場合や間違えた場合は、×の横にもう一つ×をつける

3.解説を読んで思い出す・理解しなおす(一周目で理解したはずなのに何故解けなかったのか考える→ただ忘れていたor理解できていなかった等)

※必要があればビクセスの先生に質問する

ここでも×がついてしまった問題というのは次間違える可能性も十分にあるので、理解不足等があった場合はしっかり理解しなおしましょう

 

【三周目】

×が二つついている問題を解いてみる

以下×がつかなくなるまで周回する

複数回やってもできない問題は、ようするに苦手というわけなので、なぜその解法になるか、他にいいやり方は無いか等をやはり先生に説明してもらうのが良いと思います。(自分で読むより先生に説明してもらった方が印象に残りやすい事は実際にあります)

 

 

社会以外は大体このやり方が適応できます。

関連記事

  1. ビクセス予備校講師アンケートその13

  2. ビクセス予備校講師アンケートその9

  3. 正しい方向と量

  4. ビクセス予備校講師アンケートその5

  5. ビクセス予備校講師アンケートその22

  6. 数学で計算練習を馬鹿にしない