英語

◎高一

◯英文解釈:学校の教科書をしっかり予習するのが第一その際全訳をする。また分からない単語を調べることはもちろんのこと、発音が心配・発音が分からない単語はないようにする(めんどくさい作業ですが後々その効果が発揮されることが分かってきます)。授業の3~4ページ先をやるのがベスト。分からないところは授業で聞いた後に何故分からなかったのかを明らかにする。復習方法としてはすらすら訳が言えるか確認

◯文法:僕の場合は学校で文法書が指定されており(forest)、それが定期テストの範囲となっていたため、毎回範囲内の所は完璧になるように読みこなした。また文法問題集が指定されている場合は漏らさずやった(文法は辛い分野ですが、完璧になっていると後々ありがたみが分かってきます)

◎高二

◯英文解釈:基本的には高一でやっていることの延長。それに加えて学校指定ではない問題集を負担になりすぎない程度にやるとより良い(これはビクセス予備校に通っていれば十分だと思います)。

◯文法:僕の場合は学校で高二からforestに変わりupgradeが指定問題集となったため、それをやって文法の穴をなくした。また適宜forestに戻って確認もした。

◯英作文:高二から英作文がテスト範囲に。学校で配られる英作文プリントがテスト範囲になったが、このプリントの完成度が非常に高かったため、やり込むことでかなり実力がついた。英作文の宿題・課題は他の課題よりもより一層完璧に覚えることが望ましい。和文の下に「~通り」と書いて~通りの言い方が全部言えるかテスト前に確かめるといい。

 

高一高二は基礎固めの時期であり、ここをサボると高三で根本から崩れることになります。面白くなくてもそこをしっかり頑張れば必ず面白くなるときが来ます!

応援しているので頑張ってください!