数学

<数学>

まず教科書の問題について、全て完璧な解答を書けるようにします。その際に注意すべきことは、

①書いてないと減点されるポイントはしっかり書く(真数条件、答えの必要性のチェックなど)

②解答で使う文字はちゃんと定義してから使う

式の羅列ではなくできるかぎりわかりやすい日本語で式と式をつなぐ

です。きちんと解答が書けるということはきちんと論理を追えているということなのでここをしっかりできるようになってください。

 

・青チャート

基本例題と重要例題を定期テストの前に繰り返し解く。なかなか1回ではできるようにならないので2回、3回と解くことが大事です。1回目で解けた問題は繰り返し演習する必要はありません。できなかった問題を繰り返し解いて、できるようになることが重要です。

また、わからないところがあれば塾などで質問してみましょう。わからないまま暗記してしまうことは全く無意味ではないですが、やはり理解してから覚えたほうがはるかに効率はいいです。

テスト前に慌てて、チャートや教科書傍用問題集を解いている生徒を多く見かけます。それでは、テストの時に「理解はできているけど問題は解けない、計算を間違える」ことになってしまいます。数学は理解だけでなく慣れも必要なので、普段からチャートや教科書傍用問題集をやっておき慣れを作っておけば定期テストで少しひねった問題が出てもできるようになるはずです。

最後に数学の問題を解くときに注意すべきポイントは、「何も見ずに完璧な解答が書けること」です。それに気をつけて1問1問演習していってください。